遊ぶ・観光スポット

高千穂鉄道記念資料館(宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1)


高千穂鉄道記念資料館は、2023年12月24日(日)に宮崎県高千穂町でオープンした。高千穂駅構内の倉庫を改装して作られた約90平方メートルの施設で、高千穂鉄道の歴史や文化を学ぶことができる。

     

目次

【高千穂鉄道記念資料館 施設】

◎高千穂線全線ジオラマ

高千穂線は、宮崎県と熊本県を結ぶ九州横断鉄道として計画・建設が開始されましたが、工事は中断し、幻の吸収横断鉄道となってしまいました。
1989年、高千穂鉄道に経営が移管されてからは、観光路線として注目され、風光明媚なこの地に多くの人々を運んできました。しかし、2005年、台風14号の水害によって甚大な被害を受けました。存続の声もむなしく、2008年に配線となりました。
台風災害によって失われた鉄路を150スケールの模型で再現したジオラマは、大きさ6畳分、製作期間1年6ヶ月の超大作!
今、ジオラマでよみがえった高千穂線に「希望の列車」がひた走ります。
       

・ジオラマ走行時刻表/
 第1回目 10:30~11:30
 第2回目 12:30~13:00
 第3回目 14:30~15:00
         
       
       

◎記念撮影コーナー

制服と制帽を着用して記念撮影できます。
大人用・お子様用の貸出あります。
さらに、運転席でも記念撮影できます。        
       
      
      

◎車輛庫見学コーナー

高千穂鉄道時代の車両のほか、国鉄時代から使用されていた鉄道備品の展示がございます。
     
※車輛庫内は大きな段差や低いところがございます。十分に注意して見学されてください。
   
   
    

国鉄時代から現在に至るまでの写真を3つのブロックに分けて展示しています。
(第1部)国鉄時代から第三セクター時代前半
(第2部)第三セクター時代後半から台風災害
(第3部)廃線決定から現在
   
    
    

高千穂線に関する貴重な映像資料を上映します。
     
※ミニシアターでの撮影はご遠慮ください。

>>その他の写真はこちら
         
          
          

【高千穂鉄道記念資料館動画】

        
      
       

【高千穂鉄道記念資料館レポート】

                  
            
          

【高千穂鉄道記念資料館入館料他】

・入場料/ 大人1,000円、子供600円、未就学300円、※1歳未満無料
      
                          
              

【高千穂鉄道記念資料館備考】

・駐車場/ 15台
・開店日/ 2023年12月24日(日)
                  
         
                  

【高千穂鉄道記念資料館情報】

開館時間/ 9:25~16:00(最終入館15:30)
定休日/ 毎月第3木曜日
    
Facebook/ https://www.facebook.com/amaterasurising2005
Youtube/ https://www.youtube.com/@amaterasutetudou
    
住所/ 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1
電話/ 0982-72-3216


[記事公開日]2023/12/24


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
西臼杵ファンズの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP