遊ぶ・観光スポット

鉾神社(ほこじんじゃ/宮崎県西臼杵郡高千穂町大字上岩戸1456)


祖母嶽神社の外宮として豊後(大分)との県境である鉾峠に勧請されたのが起源といわれ、享保21年(1736年)社殿再建の棟札がある。日子穂穂見命(ひこほほでみのみこと)(山幸彦)とその配偶神豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が祭神で、神武天皇は孫にあたります。神武天皇が御東征の際、台風にあい豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が現れ救出したことから風難除けの神様とされています。
 




 

【鉾神社写真】

◎周辺写真


(八鉢の石像)
大国主命(オオクニヌシノミコト)の分身といわれる少彦名命(スクナヒコナノミコト)が太鼓にのって身軽な舞をする場面の石像。八鉢は太鼓の曲打を意味する。
 

 

 

◎神社内写真

◎外観写真


 

 

 

 

>>その他の写真はこちら
 
  
  

【鉾神社動画】

 
 

【鉾神社レポート】

祖母嶽神社の下宮として豊後(大分)との国境である鉾峠に勧請されました。風難除けの守護神(台風除けの神様)として知られています。
境内からは美しい上岩戸の棚田の風景が広がります。
(投稿日: 投稿者:高千穂を愛する高千穂人による情報発信!「神都 高千穂」さん)
 
 

【鉾神社備考】

御祭神/ 日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)=山幸彦
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
御利益/ 風難除け
駐車場/ 有り
トイレ/ 無し
入場料/ 無し

夜神楽33番の舞の一つ「八鉢」の像があります。
 
 
 

【鉾神社情報】

住所/ 〒882-1622 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字上岩戸1456


[記事公開日]2020/06/20


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
西臼杵ファンズの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP